2018年05月26日

大志生木小学校アトリエ オープン!


ojk2014dfb.jpg

ojk2033fb.jpg

大分市佐賀関の旧大志生木小学校(おおじゅうき小学校=一昨年に廃校となった)が、アーティスト工房として新オープンしました。大分市が推進する「アート・レジオン」事業のひとつ。

先週の月曜日にお披露目して、さっそくご近所の子供たちがちょいちょい遊びに来てくれてます。ものつくりの楽しさが子供たちに伝わってくれると嬉しいね。

posted by watanabe at 15:33 | Comment(0) | 更新雑記

2018年05月12日

ぼくらマガジン 1970年10号「円谷監督 世界の怪獣王」


bkmg8700fb.jpg

週刊「ぼくらマガジン」1970年の10号。ずっと求めていた本が、手に入りました。

ぼくらマガジンは、'69年11月の創刊から'71年6月の廃刊まで購読していました。現在の家に引っ越しの時に、「少年画報」「少年キング」「ぼくら」「冒険王」などと手放すことになってしまったのですが、ぼくらマガジンだけは今でも残念。

>「円谷監督 世界の怪獣王」

・・中でも、この1970年の10号には特別な記事がありまして。

posted by watanabe at 20:17 | Comment(0) | 更新雑記

2018年05月01日

「ねんど古事記」講演動画 2018.04.18大分市




ねんどで制作した神話人形と、神話物語伝承地での人形ロケ写真、また各地の神楽写真を使って日本の神話について解説しています。 2018.04.18大分市敷戸校区公民館での「大分県と日本神話」講演の模様です。

posted by watanabe at 18:10 | Comment(0) | ねんど古事記

2018年04月08日

吉四六昇天


kichi2621syouten02fb.jpg

わしは大分の吉四六(きっちょむ)さん。今から、天に昇っち見するでー。

大分のとてもポピュラーなとんち昔話「吉四六さんの天昇り」より。

wikipedeia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%9B%9B%E5%85%AD

野津町の吉四六ランドには、実際の吉四六さんのモデルである廣田吉右衛門さんの生家でありました古民家が保存されていたのですが、老朽化が進み、ついに1年ほど前に取り壊しとなりました。残念。

実際の伝承地を背景に写真作品とする時には、何らかのランドマーク的な地形や建物が欲しいところです。桜だけだとどこで撮影しても同じになってしまうので、お山のてっぺんの木を向こう側に配置しました。ちょっと苦しいでしょうかね(^ω^)

posted by watanabe at 22:28 | Comment(0) | 吉四六さん 大分臼杵

2018年04月06日

吉四六&おへまの愛の劇場2018


geki2469dfb.jpg

こっちよ 吉四六さんー 捕まえてごらんなさい

こりゃ 待つんじゃー おへまー あはー

あははっ

あははははっ

「吉四六&おへまの愛の劇場2018」ロケ地/大分臼杵 野津町 吉四六ランド

故郷大分で、ずっとこれがやりたかったんです(^q^●)

posted by watanabe at 22:14 | Comment(0) | 吉四六さん 大分臼杵

2018年04月01日

臼杵 丹生島城の桜と大友宗麟2


宗麟2548afb02.jpg

臼杵 丹生島城の桜と大友宗麟、その2です。

今年はご公務の休務日と桜のタイミングがなんとか合って良かった(^ω^)

posted by watanabe at 22:19 | Comment(0) | 大友宗麟、立花道雪

2018年03月28日

臼杵 丹生島城の桜と大友宗麟


otomousuki2347fb03.jpg

大友宗麟公の居城、臼杵 丹生島城にて。

九州の隣県や何故か関東と比べても遅咲きの、大分の桜もこのところの好天でそろそろ見頃となりました。本日は休務日と桜のタイミングがうまく合ったので、宗麟公のねんど人形を持って臼杵へ。誰かと会いそうだなと思っていたら、15年ぶりのカメラマンの先輩お2人が同じ時間に同じ場所に現れました。ネイチャーカメラマンの行動パターンは大体似たようなものなのです(^ω^)

posted by watanabe at 23:17 | Comment(0) | 大友宗麟、立花道雪

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/