2014年12月21日

オリジナル宇宙怪獣オロチ


orochi302.jpg

オリジナルデザインの、「宇宙大怪獣オロチ」です。

物心ついた時から、こういうのがやりたかったのですよね。いくつになっても怪獣ゴッコは楽しいね。

posted by watanabe at 15:49 | Comment(0) | マンガ特撮写真

2010年10月27日

マンガ特撮写真


zero-one5180.jpg

このページは自作人形ではなく、市販のオモチャ、食玩等を写真撮影したものです。
posted by watanabe at 22:27 | Comment(0) | マンガ特撮写真

2009年09月03日

やなぎ屋主人(+G)/つげ義春 〜よろずや食堂探訪記 後編〜


yanagiya9470bf.jpg

2009年6月23日(火)、千葉県長浦、そろそろ暗くなり始める時間帯。つげ義春のマンガ「やなぎ屋主人」の作品舞台となった、よろずや食堂を出て、私は来る時に迷った海側へと、もう一度歩いた。今日の空。青空でなくとも、これがつげ作品の写真だと、こんなに良く似合う。ここまで来て、本当に良かった。

※この記事は、古いマンガと昭和特撮の頁「ミラクル3」から転載しました。
posted by watanabe at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ特撮写真

やなぎ屋主人(+G)/つげ義春 〜よろずや食堂探訪記 前編〜


yanagiya9386f.jpg

2009年6月23日(火)、急に思い立って横須賀線の電車に乗り、横浜から千葉まで行った。そこから内房線に乗り換えた。6月の初めから、お天気になったら撮影したい写真があり、ずっと青空を待っていたが、生憎の梅雨空でいつまでたっても撮影のチャンスがなく、いい加減くさくさしていた。

内房線に乗り、長浦という駅で降りて近所に「よろずや」という食堂がある。つげ義春の昭和45('70)年のマンガ「やなぎ屋主人」の舞台となった食堂、その地である。熱心なファンの方がそこを訪れた記事をいくつか、インターネットで読んだ。食堂内の様子は、40年も前につげ義春が描いたマンガの絵と現在も変わっておらず、そのままだという。横浜からは2時間弱でいける。また翌日も天気が悪ければこれに行こう、と思うともうたまらなくなった。そして翌日、自作人形の「ゲンセンカン主人(これもつげ義春マンガのキャラクター)」を持って、出かけた。

※この記事は、古いマンガと昭和特撮の頁「ミラクル3」から転載しました。
posted by watanabe at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ特撮写真

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/