2017年09月08日

女神と龍の古代史


uetfm7103fb.jpg

5日(火)、豊後大野市で開催の講演会「女神と龍の古代史」を拝聴してきました。

Facebookグループの「古代史研究会」を先日見つけて、愛好家の皆さんの記事を楽しみにしています。聴きなれない言葉をGoogleで調べながら毎晩興味深く読み進んでいると、外部サイトに初代大友氏の、大友能直公が編纂した「上記(ウエツフミ)」という記事にたどり着きました。

「上記(ウエツフミ)」って、たしか古事記や日本書記よりも古いとされる、神代文字で書かれてあるという古文書でしたか。・・それを、豊後大分の大友氏が編纂ですって・・? こういうキーワードを拾うと、もう調べずにはいられません(^ω^)

・・1837年(天保8年)に豊後国で発見され、「大友文書」などともいう。神代文字の一種である「豊国文字」で記されている。(Wikipedeiaより抜粋)

一般に史実とはみなされていないそうですが、神話なのですからそれは当たり前で、こういう古文献が大分に存在したというだけで大きな収穫です。神代文字といっても大友氏編纂の時点で翻訳されていて、なんと物語の舞台も大分県ではありませんか。

ウエツフミが詳細に解説された外部サイトを読んでいたら、管理人さんは「古代史研究会」の管理人さんでもあったとわかりました。と思ったらすぐに「女神と龍の古代史」講演会の告知があり、さっそくご挨拶と勉強を兼ねて、遊びに伺ってきた次第です。

ウエツフミによると「天孫降臨」神話の舞台は豊後大野市の祖母山であったということから、ニニギノミコトなどの神話人形も持参し、記念撮影させてもらってきました。古代史研究会管理人でウエツフミ研究家の藤島寛高さん、郷土史作家の渕敏博先生、どうも有難うございました。

大分に帰ってきて、面白い偶然が続くなあ(●´∀`●)

posted by watanabe at 19:45 | Comment(0) | 更新雑記

2017年02月23日

たたら日本遺産認定フェア 新宿


seikosanfb.jpg

先週土日は東京新宿で、島根県の「たたら日本遺産認定フェア」。たくさんの方とコミュニケーションできて幸せでした。お陰さまで、有難うございますー(^ω^)

急遽2日目にトークをやる事になり、手前に神話ねんど人形を並べて後ろにはねんど人形写真のスライドショーを流しながら神話とロケ地についてふにゃふにゃと語らせていただきました。司会のお姉さんの絶妙な助けもあり、なんだかウケてしまった様で(^q^●) 次からトークもパックでと、プロデューサーさんから有難いお言葉を頂戴しました。色々と広がって、嬉しいなー。

ねんど人形を作る時にはキャラクターを掴むために物語背景など徹底的に調べ上げてから取り組むので、人前でアドリブで喋れる程度の知識が少しは身についていたのかもしれませんね。ねんどのワークショップで、子供達の前で喋る経験も少しは積んでいましたし。

こういう風に、ライブで神話を伝えるやり方もあるのだね。今回も、たくさん勉強になりました。

それにしても、昨日大分に帰る筈が、飛行機に乗り遅れてただ今佐賀関に着きました。また、あほなオチをつけてしまった・・(●゜∀゜●)<ハハハハ!!

posted by watanabe at 00:21 | Comment(0) | 更新雑記

2017年02月02日

鬼はうち〜


4onikko6353fb02.jpg

節分ですね。そういえば季節ものを題材にしたねんど人形ってこれまでたぶんやっていませんが、鬼は大好きで日頃からちょくちょく作ったものがあります。ちょうど先月、ふる里大分の昔話「鬼八伝説」も完成したばかりなので、一緒に並べてみました。

右端のちっこい鬼っ子は、一昨年に別府でワークショップ開催させてもらった時のミニねんど人形教材です。初めての方で1時間半〜2時間ほどの難度レベルでしょうか。

鬼八を囲む鬼っ子達は、これも2年ほど前、ちび鬼っ子のすぐ後の制作。ワークショップ用に樹脂ねんどを使い始めて、この素材でねんど人形写真の撮影に耐えうる大きさ(18〜20センチほど)のねんど人形が作れるのかどうか、試作したものです。無事に成功し、これ以後、自分の人形作品のメイン素材に丈夫な樹脂ねんどが使えるようになりました。

posted by watanabe at 22:23 | Comment(0) | 更新雑記

2016年02月19日

花咲か爺さん


hanasaka1200bl.jpg

枯れ木に花を咲かせましょう。春のお届けです。足柄上郡松田山の河津桜が本日満開。お天気の様子も明日から崩れそうなので、早起きして花咲か爺さんを撮影してきました。

昔ばなし「花咲か爺さん」の、この場面には犬のポチはいませんが、そこはまあそれはそれということで。

さて次は、3月の下旬から4月の上旬。お気に入りの桜の名所、中郡二宮町の吾妻山公園が楽しみです。松田山は朝の9時半頃にもなるともう芋洗い状態の賑やかさですが、吾妻山公園は相模湾や富士山をパノラマで見渡せる広い芝生の上で、いつまでもゴロゴロのんびりとしていられるお勧めの場所です。

posted by watanabe at 22:11 | Comment(0) | 更新雑記

2015年11月21日

「地獄蒸し祭り」in東京タワー


tower0900b.jpg

今日と明日の2日間は、東京タワーの麓で私の故郷大分県のイベント「『地獄蒸し祭り』in東京タワー」が開催されています。おんせん県おおいたの美味しいものが、東京に勢揃い。皆様、ぜひお運び下さいね。

写真は東京タワー隣の増上寺より、豊後大分領主・大友宗麟公。今日はぎりぎり青空も見えて、良い陽気でした。

東京タワー公式ページ
http://www.tokyotower.co.jp/hot_topics/index.cgi?tno=2293

posted by watanabe at 18:14 | Comment(0) | 更新雑記

2015年04月22日

5Days Art Challenge 〜 第5回最終日「故郷大分」


santouka5396c.jpg

5Days Art Challenge 〜 第5回最終日「故郷」です。
5日間のお付き合い、どうも有難うございました。今回もお馴染みの写真です。

私の故郷大分県の風景です。ねんど人形写真は地域に伝わる物語を、実景を背景にねんど人形を添えて、楽しく地域興しが出来たらなと始めたものでした。

1)うしろすがたのしぐれてゆくか 種田山頭火
九州大分由布院温泉を訪れた、放浪の俳人・種田山頭火。大分由布院、金鱗湖。

posted by watanabe at 10:42 | Comment(0) | 更新雑記

2015年04月20日

5Days Art Challenge 〜 第4回「ねんど日本昔ばなし」


matome0001.jpg

5Days Art Challenge 〜 第4回「ねんど日本昔ばなし」です。

1)かちかち山、さるかに合戦
かちかち山の舞台は山梨県の河口湖湖畔だそうです。ロケ撮影に行きたいですね。

posted by watanabe at 19:27 | Comment(0) | 更新雑記

2015年04月19日

5Days Art Challenge 〜第3回「神話博しまねとその後」


konohana3381g3.jpg

5Days Art Challenge 〜第3回「神話博しまねとその後」です。
「国譲り」出雲神話を受けて、古事記日本神話は「天孫降臨」高千穂神話と続きます。

1)コノハナサクヤヒメ
高千穂峰へと降臨した天孫ニニギノミコトは、花と美の女神コノハナサクヤヒメを見初め、結婚する。・・2012年古事記編纂1300年「神話博しまね」は終わりましたが、いつか「ねんど古事記」を纏めたくて、ライフワークで神話人形制作を続けています。

posted by watanabe at 11:42 | Comment(0) | 更新雑記

2015年04月17日

5Days Art Challenge 第2回「神話博しまね」


tatara9870.jpg

5Days Art Challenge 〜第2回「神話博しまね」です。
2012年古事記編纂1300年「神話博しまね」に、ねんど人形写真をご採用頂きました。

・ヤマタノオロチ
お神楽では締めに演じられる事が多い、スサノオノミコトのオロチ退治神話。ロケ地は島根県雲南市にある菅谷たたら。

posted by watanabe at 17:33 | Comment(0) | 更新雑記

2015年04月16日

5Days Art Challenge 第1回「おでかけぺるりさん」


perry0241.jpg

Facebookの企画「5Days Art Challenge」 〜 バトンを頂戴しました。
おさらいの意味でこちらにも転載しておきましょう。全5回、どうぞお付き合い下さい。
https://www.facebook.com/groups/5daysArtChallenge/

1回目の作品は「おでかけぺるりさん」。
2009年の横浜開港150周年記念祭イベントで、横浜人形の家特設会場にて友人の作品らと、50日間合同展示されました。ペリー来航をテーマに、みなとみらい地区〜ペリーが上陸した象の鼻地区などを背景に写真撮影した、ねんど人形写真の最初の作品です。

「おでかけぺるりさん」1枚目のロケ地は、横浜みなとみらい地区。

posted by watanabe at 17:25 | Comment(0) | 更新雑記

2015年04月02日

ふるさとの民話地図


tosho7253.jpg

図書館に立ち寄った時はいつも、子供本のフロアーに直行します。
そういえば、神奈川の昔話関連の書籍はないかと探してみたら、さすがに地元らしく中央の特設コーナーに書棚2つ分、何十冊も、どっさりとありました。

好みに合いそうな1冊を選んで手に取ってみると、イラスト図解の「民話地図」が載っていて、一発でアタリでした。ねんど人形写真にとってはとても有り難い資料です。またしかも、この親しみ易い見覚えある絵柄は「まんが日本昔ばなし」の絵師さんなのでしょうかね(^ω^)

偕成社の「ふるさとの民話」。同シリーズの神奈川以外、大分のものなどもないか、図書館職員さんにお尋ねすると、奥の倉庫から出してきて下さいました。2冊を借りて帰りました。

posted by watanabe at 13:22 | Comment(0) | 更新雑記

2015年02月07日

かっつぁんの「えんむすび」もうすぐ発売


かっつぁんの「えんむすび」もうすぐ発売
http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2015-01-31-1

もうすぐ発売。おいしいですよー(^ω^)
おにぎりのパッケージ他に、ねんど人形写真をご使用頂いています。

posted by watanabe at 18:22 | Comment(0) | 更新雑記

2014年11月01日

デザインフェスタ ねんど人形写真


tatara9870.jpg

1週間後に迫った、デザインフェスタ初参加の準備などしています。「ねんど人形写真」ブースは、1階のC-229。出展者紹介ページも出来ました。

http://goo.gl/bAqe5j

また、先日お世話になりました東京工芸大学での臨時講師業でのご縁で、いまさらですがツイッターも始めました。現在、写真を整理してぼちぼち投稿中です。

https://twitter.com/nendonoshashin

デザフェスに遊びにいらして下さいねー(^ω^)

posted by watanabe at 21:44 | Comment(0) | 更新雑記

2014年10月26日

11月8日(土)、9日(日)デザインフェスタVol.40に出展します。


desfes4416.jpg


11月の8日(土)、9日(日)、デザインフェスタVol.40に初参加します。私「ねんど人形写真」のブースNo.は、1階のC-229。

「ねんど人形写真」出展者紹介ページ
http://www.designfesta.com/exhibitors/introduction/jp/detail.php?id=qqlGqvy3yGONJRcPfEkydA%3D%3D

夏のデザフェスを初見学して、文化祭みたいで随分楽しげだったので、応募してみました。何をやろうか特別なものはないですけれど、ねんど人形を展示してポストカードでも販売しながらぼちぼちと遊べそうです。

出展者紹介一覧のページ。会場図面DLリンクもあります。C-229は出入り口も遠くなく、そこそこ悪くない位置でしょうか。
http://www.designfesta.com/exhibitors/introduction/jp/list.php?vol=40

posted by watanabe at 08:15 | Comment(0) | 更新雑記

2014年02月05日

華麗なるねんど美女達


ohema2084.jpg

ウチは大分の、おへまさん。

お人形はやはり女性のキャラクターが可愛く出来ると、楽しいですね。ここらで一度、これまでに制作した女性のねんど人形を振り返ってみましょうか。

「華麗なるねんど美女達」・・以下、コメント欄に続きます。

posted by watanabe at 03:29 | Comment(0) | 更新雑記

2013年12月21日

カボスの巨人


kabosu2062.jpg

その日 大分県人は思い出した

カボスに支配されていた事を・・


ジョーク作品作ってみました。カボスの巨人。若干キモくて済みません(^ω^)

今年最もヒットしたアニメ作品の作者さんは、我が故郷大分県の、日田市のご出身なのですね。アニメの主題歌は紅白歌合戦にも出場とか。我が大分県の2014年は、この勢いにあやかって「進撃のおんせん県!」と躍進して欲しいところなのであります。

豊後大分といえば、何はなくともカボスに温泉。しばらくちょっと、何でもかんでもカボスや温泉や、故郷大分の名産品と結びつけた作品作りをしてみようかな、などと考えています。故郷、頑張れー。巨人の蒸気も温泉の湯気に見えてきます。

posted by watanabe at 22:22 | Comment(0) | 更新雑記

2013年12月01日

神奈川大分県人会 忘年会


kenjin9789b.jpg

本日は、神奈川大分県人会の忘年会でした。

新人として、司会進行役を務めさせて頂きました。諸先輩方と、大分を盛り上げるための有意義なお話が出来ました。故郷、頑張れ〜。お人形は左から、大分カボスと高崎山おサルの合体怪人? 風呂桶を持った地獄温泉の鬼っ子。吉四六さん(きっちょむさん)。そして定番の、出雲代表ヤマタノコロチ。

posted by watanabe at 23:40 | Comment(0) | 更新雑記

2013年11月10日

恵比須顔(^ω^) コトシロヌシ、フロッグマンさんと


ebisu9767402.jpg

3人(1柱+2人)揃って、恵比須顔(^ω^)

昨日は、ヤオヨロズ界の大物、恵比寿様ことオオクニヌシの息子コトシロヌシと、今をときめく地球征服界の大物秘密結社鷹の爪のフロッグマン小野亮さんと記念撮影させて頂きましたよ。どうも有難うございました。

posted by watanabe at 13:08 | Comment(0) | 更新雑記

2013年11月01日

Okutabi 奥の深道くん


okutabi1922b.jpg

お陰様で何かとご縁の深そうな、山陰の奥出雲地方(^ω^) おくいずも女子旅 つくる!委員会発行のフリーペーパー「Okutabi」の、ナビゲーターアイコン「奥の深道」くんがPOPで素敵だったので、つい立ちポーズボディをくっつけてイタズラしてみました。

勝手にねんどで立体にしてしまって、どうもすみません(^ω^)

posted by watanabe at 14:48 | Comment(0) | 更新雑記

2013年10月30日

2020年の挑戦のようなものと、海底原人のようなもの


kemur4600.jpg

「立ちポーズ・渡邊式」の開眼(笑)によりお手軽に作例が作れるようになると、当然の様に趣味に走ります(^ω^)

フォッフォッフォッフォッ・・

2020年から挑戦してきた、人類の未来の姿ともいわれる誘拐怪人・・の、ようなもの(*‘∀‘)

posted by watanabe at 10:24 | Comment(0) | 更新雑記

2013年08月18日

アニメーション・ワークショップ:創作の現場


anime9292.jpg

出雲神話ねんど人形展とワークショップの、第一部をにほんばし島根館で終えた翌日の12日(月)より、「アニメーション・ワークショップ:創作の現場」という講座を、渋谷にあるイメージフォーラム映像研究所まで5日間学びに行ってきました。

写真は最終2日間の「オブジェに生命を与える:立体アニメーション」の授業の模様。1日目でまず、鉛の板とヒューズ線を半田ごてで溶接して手の骨組みを作り、それにフォームラテックスででコーティングし、立体アニメーション用の「手」を作りました。

2日目はその手を各々適当な台座にくっつけて、実際にコマ撮り実験アニメーションの制作です。

posted by watanabe at 15:30 | Comment(0) | 更新雑記

2013年05月28日

ねんど人形写真 ねんどのしゃしんどっとこむ


inaba6469.jpg

昨年の5月23日に、神話博しまね「出雲神話絵巻」の撮影に入りました。鳥取県の白兎海岸で「因幡の素兎」を撮影したこの日は、急に真夏日の様な陽射しとなり、サメから赤裸にされたウサギの様に、私の腕も真っ赤に日焼けして2ヶ月もくっきりと日焼け後ができてしまったのでした(^ω^)

それから1年後の同じ日に、ホームページのドメインをこれまでのいい加減なもの(笑)から、あらたに「nendonoshashin.com(ねんどのしゃしんどっとこむ)」と変更し、サイトを大幅にリニューアルしました。そろそろ8割方出来上がりましたので、こちらでもお知らせです。

ねんど人形写真 ねんどのしゃしんどっとこむ

http://nendonoshashin.com/


新しいホームページは、ページのコンセプトをはっきりとさせて、初めて訪問して下さった方にも分かり易いサイト構成となるよう心掛けました。「ねんど人形写真 ねんどのしゃしんどっとこむ」を、どうぞ宜しくお願いします。

posted by watanabe at 01:04 | Comment(0) | 更新雑記

2013年03月16日

オビツ製作所にいってきました


obitsu8870.jpg

「オビツボディ(11センチ、23センチサイズ)」と、「オビ球」。創作人形を動かす事は可能だろうか? 色々と研究しています。動かすというのは現実でも、または映像上でも。

昨日は葛飾区にあるオビツ製作所を尋ねてきました。知る人ぞ知る、あの会社。商品はたいていの人が見知っていると思います。キューピーさんや、信用金庫の信ちゃん貯金箱を製作した、ソフビ(ソフトビニール)人形の老舗(昭和41〜)です。

オビツボディはドールやフィギュア趣味の方が愛用されているパーツのようですね。私の創作人形の可動用の芯にすると考えると、11センチサイズの子供ボディを若干改造するとプロポーション的には合いそうですが、もう少し小さいですか。23センチサイズで子供ボディがあると良さげですが、それは無い物ねだりですね (^ω^) オビ球の方は、同じくドールやフィギュア用の球体関節パーツ。若干改造して創作人形の関節に使えるでしょうか。果たして。


そんなこんなで可動テスト用のオビツボディも入手してきたのですが、ソフビの会社さんですので、まず第一案件は、ソフビ人形。創作人形をソフビ人形にするにはどうしたら良いでしょう? そのためのノウハウも、微に入り細に入り、伺ってきましたよ。

子供ちゃんがお風呂で遊んでも壊れない、ソフビ人形。作りたいなー (^ω^)

posted by watanabe at 22:26 | Comment(0) | 更新雑記

2013年03月03日

お雛様はスサノオとアマテラス(^ω^)


ohina8729.jpg

雛人形を飾り、女の子の成長を願うお雛祭り。

古事記編纂1300年だった昨2012年、古事記について何かと勉強している内に、雛祭りの男雛、女雛はスサノオとアマテラスであるとの説を知りました。

アマテラスとスサノオが誓約(うけい)を行った際、スサノオの剣をアマテラスが噛んで吹き出した霧から生まれた三柱の女神(宗像三女神)、これが雛人形の「三人官女」となり、次にスサノオがアマテラスの勾玉の珠飾りを噛み吹き出した霧から生まれた五柱の男神、こちらが「五人囃子」なのだそうです。

一般的には、お内裏様とお雛様〜♪ と童謡「うれしいひなまつり(昭和11)」で歌われており、お内裏様とは宮中のご様子を表したものなのですが、さらにさらに神話時代にまで遡ってアマテラスとスサノオという説も、ロマンがあって素敵でしょう(^ω^)

posted by watanabe at 23:35 | Comment(0) | 更新雑記

2013年03月02日

大人の文化祭 横浜関内


420185_313908218712566_2084174052_n.jpg


3月9日(土)、横浜関内で開催のイベント「大人の文化祭」に出展します。

私のブースは「ねんどライブ! 〜粘土でつくるキャラクター」。粘土によるキャラクター製作をゆるゆると実演します。

http://r.goope.jp/three-s

会場はこちら。最寄り駅は、JR関内駅、及び、みなとみらい線馬車道駅ですね。遊びにきて頂戴ねー (^ω^)

posted by watanabe at 00:09 | Comment(0) | 更新雑記

2013年01月12日

謹賀八岐小蛇年


nenga2013.jpg

故郷九州大分より、ただ今関東にに戻りました〜。故郷では少しは新作のお人形も作って撮影にも出かけましたが。でもさすがに年末年始をはさんで宇佐神宮でお人形撮影というのは、無謀でしたな (^ω^)

目茶目茶遅ればせながら、謹賀八岐小蛇年、今年も宜しくお願い致します。レタッチが出来ましたら、少しずつ写真をアップします。
posted by watanabe at 23:59 | Comment(0) | 更新雑記

2012年03月18日

粘土でお地蔵さんを作って被災地に送る事


ojizou5670.jpg

粘土でお地蔵さんを作って、手紙を書いて、被災地の小学校に送ろう・・という友人の提案で、仲間で公民館に集まってお地蔵さん粘土人形を作りました。

去年の今頃、あの震災のショックで酷く動揺して、居ても立ってもいられずに「スサノオノミコト」と、続いて「三番叟」を粘土で作りました。スサノオが退治したヤマタノオロチは、洪水(津波、川の氾濫)だったとする伝承があり、また三番叟は大地を鎮め五穀豊穣を祈る農民を象徴するものです。

そのうち、江戸時代の安政江戸地震の後、庶民の間に「鯰絵」というものが流行った事を知りました。鯰絵の図柄は、鹿島神宮祭神であるタケミカヅチノカミが、要石と呼ばれる巨石で大鯰を封じ込めるものであったり、大鯰を懲らしめる庶民の姿を描いた合戦図であったり、・・大鯰が地下で活動することによって地震が発生するという民間信仰に基づくものでした。身を守る護符として、あるいは不安を取り除くためのまじないとして、鯰絵は広まったといいます。江戸時代の人と、現在の自分と、同じ行動をとっていたわけですね。


あれから1年が経って、お地蔵さんの人形を作って、被災地の小学校に送る。・・それはどういう行動であるのか。実は、私には掴みきれていませんでした。1年前の、時々涙をこぼしそうになりながら一心に粘土を捏ねた時、こうした人形は、祈る気持ちが形になって現れたのだなと分かりました。今回は、何なのだろうか・・? 誰かの、何かの役に立つ事が出来る行為なのだろうか・・?

posted by watanabe at 23:09 | Comment(0) | 更新雑記

2011年11月21日

創作人形写真 Facebookページを作りました


dollwelcome.jpg

創作人形写真のFacebookページを作成しました。画像クリックで移動します。

創作人形写真 Doll creations,Nippon Legend

リンク先のFacebookページ「創作人形写真 Doll creations,Nippon Legend」にあります、「いいね!ボタン」を押して、ぜひファン登録なさって下さいね(^ω^)

posted by watanabe at 18:48 | Comment(0) | 更新雑記

2009年09月08日

横浜開港150周年記念展、終了しました


perry9745.jpg

7月18日(土)より横浜人形の家にて開催された「横浜開港・その時代展」。お陰さまで9月6日(日)、無事終了致しました。

たくさんの子供ちゃん達と一緒にミニチュアに色を塗って遊んだり、とても楽しんだ、意義のある50日間でした。会場に足をお運び下さり、ジオラマや人形や写真を鑑賞して頂いた皆様、どうもありがとうございました。
posted by watanabe at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新雑記

2009年09月03日

鬼っ子ファンキさん


funki9581.jpg

オリジナル風味のキャラクター、FUNKな鬼っ子「ファンキさん」を作ってみました。
posted by watanabe at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新雑記

おでかけぺるりさん


perry0241.jpg

横浜開港150周年記念作品展として、横浜人形の家にて「横浜開港・その時代展」が開催中です。

■2009年7月18日(土)より9月6日(日)
■横浜人形の家 2階 多目的ホール

■3人の人形原型師、映像監督、カメラマン(私)、メタルフィギュアペインターの計6名による、合同作品展

原型師による3メートルを超える広大な150年前の横浜開港風景ジオラマをはじめ、各種人形、映像作品に混じって、私は自作人形を使った横浜の街のお散歩写真「おでかけぺるりさん」を50カット強展示しています。
posted by watanabe at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新雑記

ゲンセンカン主人/つげ義春


ゲンセンカン主人 つげ義春

つげ義春「ゲンセンカン主人」より。

昨年9月に制作した、2作目の粘土造形です。モデルマジックという粘土を使っています。つげ義春の「ゲンセンカン主人」というマンガは昭和43('68)年、当時の若者文化に影響を与えた問題作。鄙びた夜の温泉街を訪れた、1人のコートの男。暗い路地に…。

※マンガの詳細とその他の写真は、古いマンガと昭和特撮の頁「ミラクル3」にてお楽しみ下さい。

ゲンセンカン主人/つげ義春 頁1
ゲンセンカン主人/つげ義春 頁2
posted by watanabe at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新雑記

立体イラスト・粘土造形の頁


立体イラスト・粘土造形の頁を新設しました。

これまで古いマンガと昭和特撮の頁「ミラクル3」にて粘土造形作品を発表してきましたが、マンガキャラクター以外の作品も徐々に制作し、こちらの頁にて発表したいと思います。どうぞ宜しくお願いします。
posted by watanabe at 20:00 | Comment(0) | 更新雑記

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/