2013年05月04日

ヤマタノオロチ 竜頭ヶ滝 2


ryuudu6824sin2013.jpg

出雲神話絵巻 ヤマタノオロチ

天の高い所にある国に、スサノオという泣き虫で、わんぱくな神さまがいました。スサノオの姉アマテラスは大暴れするスサノオを国から追い出してしまいました。そして、スサノオは出雲の国にある高い山に降りてきました。

そこで、泣いている年老いた父母と若い娘・クシナダヒメに出会います。なぜ泣いているのかたずねると、もうすぐ八つの頭と八つの尾を持つ大きなヤマタノオロチに食べられてしまうのだと言います。一目でクシナダヒメを好きになったスサノオは、オロチを退治することに決めました。

スサノオは強い酒を用意し、オロチを待ちます。すると、山がごうごうと鳴りそこにオロチが現れました。

酒を飲みほしたオロチは良い気持ちになり、眠り込んでしまいます。今がチャンス!

いざヤマタノオロチ退治へ!

(一畑電車出雲大社前駅で開催中の、古事記編纂1300年「神話博しまね」創作神話フィギュアジオラマ展のリーフレット「出雲神話絵巻」より転載)

posted by watanabe at 19:50 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2013年05月03日

ヤマタノオロチ 斐伊川


hiikawa7173.jpg

斐伊川 島根県出雲市

鉄分を多く含んだ斐伊川の赤錆びた砂底のうねりが、赤くただれたヤマタノオロチの腹部のイメージとなったのでしょうか。

私のオロチは、何となくグレーのお腹にしてしまいましたが(^ω^)

posted by watanabe at 19:48 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2013年05月02日

ヤマタノオロチ 菅谷たたら


tatara9870.jpg

菅谷たたら 島根県雲南市

古代製鉄施設の菅谷たたら。ヤマタノオロチ伝説では、スサノオに討たれたオロチの尻尾から、神剣叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)が取り出されます。古代製鉄の技術革新か何かを象徴するエピソード・・なのでしょうか。

水木しげる先生の「水木しげるの古代出雲」では、ひとつ目のタタラ族が、ヤマタノオロチと一心同体の神として描かれています。この菅谷たたらが、ヤマタノオロチの本拠地なのかもしれません。

posted by watanabe at 19:44 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2013年05月01日

ヤマタノオロチ 天が淵


amagafuchi6963.jpg

天が淵 島根県雲南市

ヤマタノオロチの棲家だったとされています、天が淵。実際の大蛇もかなりたくさん棲んでいるようで、この撮影の少し前に光の様子を見に来た時も、いきなりでっかいのが横たわっていたので、びくびくと辺りを注意しながらの撮影となりました。

この時の撮影行では3度も蛇とご対面しました。蛇は、オオクニヌシの使いであるともいわれますね。

posted by watanabe at 19:14 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2013年04月30日

スサノオノミコト 須佐神社


susa6847.jpg

須佐神社のご神木 島根県出雲市

須佐神社はスサノオノミコトの本宮とされます。スサノオの御霊が鎮まっている、立派なご神木。

この神社で興味深かったのは、神社鳥居から道路を挟んだ向かい側に、アマテラスを祭る神社があるのですね。弟と、姉と向かい合い、今でも誓約の儀を続けているのでしょうか。

posted by watanabe at 19:12 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2013年04月29日

ヤマタノオロチ 龍頭ヶ滝 1


ryuudu9879sin2013.jpg

竜頭ヶ滝 島根県雲南市

2011年の10月20〜22日の3日間、神話博しまねでの人形ロケ写真撮影ロケハンとテスト撮影のため、初めて島根をお訪ねしました。

posted by watanabe at 19:08 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2013年04月28日

鏡の池 クシナダヒメ


kagami7203sin2013.jpg

鏡の池 八重垣神社 島根県松江市

クシナダヒメが姿を映した鏡の池。スサノオにお嫁入りするクシナダヒメがこの八重垣神社に住まわれ、スサノオの迎えを待ったといいます。八重垣神社は出雲の神社の中でも恋愛成就のスポットとして一番の女性人気です。

鏡の池前は、恋愛占いのお年頃の女性客で1日ぎっしりと賑わっていますので、早朝に撮影しました。

posted by watanabe at 18:50 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2012年08月31日

須賀神社 奥宮


suga6921.jpg

スサノオノミコトとクシナダヒメの新婚のお住まい須賀神社の、奥の宮。夫婦岩。須賀の地の古代祭祀の磐座で、総氏神として信仰されていたもの。

須賀神社本殿の横を抜けて4キロほど奥まった、八雲山を20分ほど登ります。

posted by watanabe at 09:24 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

2012年08月25日

八雲立つ 最古の和歌


suga6893.jpg

八雲立つ 出雲八重垣 
妻籠みに 八重垣作る
その八重垣を


八雲が立ちのぼる出雲の国の、立ちのぼる雲は八重垣を巡らせたようだ
妻を篭らせるために、宮殿に八重垣のように垣根を作った
まさにその八重垣を巡らせたようだなあ

日本最古の和歌です。訳するとこんな感じになるのでしょうか。お神楽を見ていると、八岐大蛇退治の演目で、ヤマタノオロチの首を切り落とし八頭目の大蛇の尻尾から神剣天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ=後の草薙の剣)を取り出したスサノオノミコトが、この歌を詠います。



posted by watanabe at 14:41 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/