2015年09月18日

ネコ 樹脂粘土


neko8676b.jpg

ネコ。造型難度レベル「1」。

初めての方に向けての、ねんどワークショップのデモンストレーションではいつも、ネコのアタマを作ります。とても身近な動物なので、比較的誰でもイメージし易く、単純なデフォルメでもネコらしく見えますね。単色のネコアタマなら、慣れればどなたでも1分程度でベースの形が作れる様になりますよ。

ワークショップの場合は、練習用の単色ネコアタマをまず作り、ねんどの手触りと、道具の使い方を覚えたら本番の2色(またはそれ以上)のネコを作ってみましょう。

※左側の赤白カラーのネコは、オリジナルキャラクター「うすきの赤ねこちゃん」。大分県の地域伝承「臼杵の赤猫」をモチーフにしています。拙ねんど人形写真は、伝承のキャラクターをねんどで制作、実際の地域でイメージ写真を撮影し、地域興しに役立てたく思っています。

posted by watanabe at 10:08 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2015年09月09日

うすきの赤ねこ 猫おどり


akaneko9983.jpg

うすきの赤ねこちゃん、猫おどり中。大分臼杵城下町にある、武家屋敷や寺院が軒を連ねる二王座(におざ)歴史の道。廃寺が改修されたお休み処、旧真光寺にて。

ねんど人形写真を撮影していて、"人形を置ける場所"が見つかると、とても嬉しいです。自分で作った人形台に乗せての撮影ばかりだと、写真がワンパターンになりがちですからね。旧真光寺の二階廊下(?)の低い位置に柱があり、目に留まった瞬間にこの絵柄が決まりました。

ねんど人形写真用には13〜18センチサイズの人形が通常は適していますが、この絵だとコンパクトな7センチサイズなのが、却って良い距離感になりました。横柱に対して絶妙な位置に照明があり、柱の交差が絵柄に奥行き感を与えてくれ、さらに奥には窓の逆光が柱のディテールを見せてくれて、写真にはおあつらえの好条件でした。

posted by watanabe at 16:58 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2015年08月28日

大分 うすきの赤ねこちゃん


akaneko9309.jpg

うすきの赤ねこちゃん。新キャラクター、作ってみました。

前回「ねんどワークショップ in 大分別府 鉄輪温泉」で、ネコのねんど人形を作りたいとご希望を頂戴しました。・・ネコの形は、私も初めての方にデモンストレーションでよく作ってお目にかけますが、「地域興し」が目的の創作活動なので、例えば大分なら、大分にちなんだネコのキャラクターを作りたいところです。

しばらく考えて、先日大分県の職員さんと雑談させて頂いている時に、「臼杵の赤猫祭り」のヒントを頂きました。大分には「臼杵の赤猫」「赤猫根性」という言葉があり、大分県人なら誰でも知っていますが、お祭りもあったのですね。九州時代に大分のお祭りは80件ほど撮影しましたが、このお祭りは初耳‥というよりたぶんこれまで聞き逃していたのかも知れません。というのは、大分「赤猫根性」は、一般に狡猾さを差すネガティブなイメージで使われる言葉だからです。

ところが、「赤猫祭り」を調べてみますと、子供ちゃん達の赤猫の扮装が、これはまた随分と可愛らしい。それを見て、だったら、いつまでもネガティブなイメージに縛られていてもしょうがないなと思えました(尚、赤猫祭りは今年で第12回だったそう。ちょうど、私が上京する頃に始まったお祭りなのですね。)。

キャラクターの魅力で、あるもののイメージを可愛く変換・転換させてあげるのも、私がねんど人形で地域興しを考えた際のモットーのひとつです。というわけで、ねんど人形「うすきの赤ねこちゃん」が誕生しました。

posted by watanabe at 19:02 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2015年06月23日

うみたまごのセイウチくん 樹脂粘土


seiuchi8288.jpg

おサルの高崎山に隣接する大分の老舗レジャー施設、マリンパレス水族館〜別名うみたまごでは、定番のイルカショー以外にも、セイウチのショーが人気です。腹筋運動を見せたり、スイカ割りをやってのけたりと凄い活躍をします。

それにしても、普段見慣れない形をデフォルメして立体人形にするのはなかなか難しかったです。このデザインに落ち着くまでに、11匹も失敗セイウチを生み出してしまいました。

posted by watanabe at 23:31 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2015年06月07日

腹黒ウサギとおサル 樹脂粘土で


saruusa7718.jpg

ちょっと手慣れてくると、すぐこんな腹黒い表情のものを作ってしまいます。悪者、好きなのです。

posted by watanabe at 20:55 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2015年06月06日

樹脂粘土で別府温泉の鬼っ子、高崎山のおサル


onikkosaru2.jpg

別府温泉の鬼っ子と、高崎山のおサル。樹脂粘土で、故郷大分のキャラクターをテスト制作中です。

「鬼っ子」
小物人形をデザインする時は、誰にでも簡単に楽しんで作って貰える様、易しい造型を心がけます。鬼っ子人形はパーツがそこそこ多くて複雑なので、まだまだ難しいでしょうか。作り方を変えてみたり、それぞれ工夫しながらの試作ですが、写真にしてみると3体ともどれも同じに見えてしまいました(笑)。

左/顔の造型を、思い切って単純なまん丸に。
右/これは、これまでのいつもの作り方。
中/右と左の中間くらいの感じで。の、つもり。

顔は、まん丸でも面白そうですね。その時々や、また作る人によって個性を出せる様に、見本デザインの種類にもバリエーションを持たせておきましょうか。

鬼っ子で難しい部分は、鬼のパンツを履いているところです。動物だとボディを1パーツで作れたりしますが、上半身、鬼のパンツ、下半身で3パーツとなり、難度が跳ね上がります。子供ちゃんにこれを作って貰うとなると、集中力がもつかどうか。小学高学年以上が対象になってしまうかなあ。というわけで大分向けにもうひとつ動物キャラクターで、高崎山のおサルを用意しましょう。


「高崎山のおサル」
ボディ部分は1パーツなので、問題なく作れます。難しいのは顔ですね。

左/ねんど人形写真用にいつも作っている大き目の人形(13〜15センチサイズ)と違い、顔部分の微妙な凹凸の線を出すのはやはり難しい様です。
右/これも、思い切って顔パーツをまん丸にしてみました。初めの左と比べ、驚く程楽に作れます。額のところを気持ちだけ直線ぽくすれば良さげです。
中/という事で、額部分を少しだけ真っ直ぐ目に。ついでに目の脇とほっぺたの間の微妙な凹凸も入れてみると、あら不思議。始め苦心したのが嘘の様に、簡単に出来てしまいました。

写真だと本当に微妙な違いで、言葉で説明もしにくいのですが、結構な技術革新が出来た気がします。色々と、創意工夫してチャレンジしてみるものですね。

posted by watanabe at 11:53 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2015年05月17日

横浜 神奈川区のカメ 樹脂粘土


kame7615c.jpg

横浜市神奈川区の浦島カメ、修正バージョン。ボディ(中身の、首のところまで)と、後ろ足2本と、尻尾を1パーツに纏めました。

スマートですっきりと、安定感あるプロポーションになったでしょうか。身長も前バージョンの4センチから、5ミリ弱程延びてます(^ω^)

パーツが少ない程、頑丈で安定はするのですが、これまでの立ちポーズボディにプラス尻尾まで1パーツにしたので、初めての人には作り方が難しくなったかも・・。自分的にはこの方がずっと楽に作れるのですが、考えどころです。

尻尾、というか昔の日本画のカメの絵に良くある、尻尾部分の長いふさふさした毛は、あれは何というのでしょうね? ボディ(中部分)と足だけを1パーツにして、尻尾のふさふさは白色で別パーツにするのもまた良いかもしれませんね。

posted by watanabe at 18:49 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2015年05月15日

横浜 神奈川区のカメ 大口のワニ 樹脂粘土


wanikame2b.jpg

横浜市神奈川区には浦島太郎伝説が伝わっており、浦島町、浦島丘、亀住町など、浦島太郎にちなんだ地名が残っています。神奈川区のマスコットは、浦島伝説のカメ。

また、神奈川区大口商店街のマスコットキャラクターは、ワニ。大きい口だから? なのでしょうか。神奈川区カメの「かめ太郎」、大口ワニの「ワニえもん」は、どちらも30年の歴史を持つご当地キャラクターなのだそうです。

というわけで、樹脂粘土でワタナベ流のワニとカメをデザインしてみました。ワニで5センチ、カメで4センチ程の大きさ。初めての方でも、シンプルなこの造型なら30〜40分位で作れるでしょうか。

posted by watanabe at 21:31 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年12月15日

踊場のネコマタ ワークショップ


maioka9883.jpg

横浜舞岡病院での地域交流クリスマスイベントにお越し頂いた皆様、有難うございました。ねんどワークショップでは「踊場のネコマタ」を作りました。

10月に編み出した新技・ワタナベ式立ちポーズ(笑)でのワークショップはお初でしたが、ヤマタノコロチよりもシンプルなデザインで慣れれば容易に形を作りなおせるので、初心者の方でも納得のいくまで造型に取り組める時間の余裕が生まれ、出来上がった立ちポーズのネコに「可愛い、可愛い」と声をかけて貰えました。喜んで下さって、有難うございます。私も嬉しいです(^ω^)

ねんどのベースの色、パートカラーの組み合わせを自由に選んで貰い、立ちポーズ完成後の自由な飾り付けでは、「皿の上のお魚」「地球儀型花瓶とお花」などお好きな発想で楽しんで頂きました。ここが一番のお楽しみですよね。

これからは、何でもかんでも立ちポーズで作れます(^q^●)また遊びに来て下さいねー。

posted by watanabe at 19:43 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年12月13日

踊り場のネコマタを作ろう!


nekomata4.jpg

12月15日(日)は、横浜舞岡病院での地域交流クリスマスイベント。ねんどワークショップ「踊場のネコマタ」を作ります。

戸塚駅から一駅の「踊場」。「踊場」の地名は、夜中にネコが集まって、頭に手拭いをかぶって踊っていたという伝承があるのです。妖怪猫又ですよね。

一番左の三毛猫のネコマタは、初めての方には色を作るのが難しいでしょうから、2番目、3番目の単純な色のものにしましょうか。三毛猫にチャレンジしたい人は、やってみても良いですよ。自由な色使いの幅を持たせておきましょう(^ω^)

アタマの手拭い作成はカッターを使って危ないので、全員の分を私がその場で作って、皆さんには綺麗にたたんで頭に乗せる作業をやって頂きます。

ワークショップ参加費用は1200円(他のイベント出し物は無料です)。

posted by watanabe at 23:51 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年12月09日

横浜舞岡病院クリスマスイベント ねんどワークショップ


1481210_502790089819854_888437707_n.jpg
12月15日(日)、横浜舞岡病院での地域交流クリスマスイベントに、ねんどワークショップ出展致します。

クリスマスイベントの出し物は、下記の通り。ねんどでは「踊場のネコ」を作ります。ワークショップ参加費用は1200円(他のイベントは無料です)。

@クリスマスコンサート〜歌やお笑い、演歌で楽しい時間〜
A綺麗になる簡単メイク 〜黄色ファンデーション体験〜
Bかんたんストレッチヨガ 〜心と体をのびのびと〜
C整骨院院長による痛み改善カウンセリング
D転倒予防・認知症予防エクササイズ教室
Eねんどワークショップ〜踊場のネコを作ろう!
Fハワイ生まれのポップコーン試食会〜一度食べたらヤミつき〜
G相続問題相談会

posted by watanabe at 13:29 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年10月31日

踊場の猫又


nekomata3.jpg

横浜のJR戸塚駅からブルーラインで1駅目に、踊場駅があります。ここの地名が何故「踊場」なのかというと、夜中に猫が集まって、手拭いをかぶって二本足で立って踊っていたという伝承があるのです。妖怪猫又ですね(^ω^)

踊場の駅にいくと、屋根にはネコミミ、入り口や、天井や階段手すりに踊る猫形のレリーフ、壁には猫目の図柄と、猫の意匠のデザインが各所に施されていて楽しくなります。

ねんどのキャラクター人形で、地域の伝承起こしをしてみるのも私のやりたいことなのであります(*´ェ`*

posted by watanabe at 14:04 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年10月15日

横浜上大岡ねんどイベント ご好評御礼


perry0241.jpg

10月13日(日)、14日(祝)、横浜上大岡は京急百貨店・ウイング上大岡で開催「三重県・島根県合同イベント」の1コーナー、ねんど人形展示とワークショップ。たくさんの皆様のお力をお借りしまして、お陰様で2日間ともほぼ満員の盛況でした。有難うございました(^ω^)

神話ねんど人形「ヤマタノコロチ」ワークショップにご参加の、子供ちゃん達も大人の人も目を輝かせて楽しんで下さいました。未熟ながらご指導させて頂きます私の方も、とても幸せですね。

写真は4年前に制作しました「おでかけぺるりさん」。横浜でのイベントなので久しぶりにぺるりさんを引っ張り出してヤオヨロズの神様人形の中に紛れ込ませていたのですが、小学生の女の子が(あっ、ペリー・・)と一目で気がついてくれたのは驚きました。おっと、作者が驚いてはいけませんね、ちゃんと似せて作っていたわけですから(^q^●)気づいて貰えて嬉しかったです。

posted by watanabe at 11:00 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年10月14日

満員御礼


yokudekiyoppa.jpg

お陰様で、昨日のワークショップ初日は終日ほぼ満席でした。有難うございます〜(^ω^)

「よく出来ましたカード」の酔っ払いコロチが人気で少なくなってきましたね。そういえば東急ハンズの横浜店が閉店中で、プリント用の紙を仕入れられなかったのでした。何とか応急で、プリントを増やしました。

では本日も、楽しんで参ります。

posted by watanabe at 08:08 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年10月11日

良く出来ましたカード


korochiannai002600.jpg

横浜上大岡は京急百貨店・ウイング上大岡での、ねんど人形展示とワークショップも目前となりました。今回も、良い子には「よく出来ましたカード」をプレゼントですよ(^ω^)

●10月13日(日)、14日(祝)
●横浜上大岡の、京急百貨店・ウイング上大岡3F連結通路にて

昨日10日(木)〜16日(水)までの、京急百貨店で島根県と三重県の物産展イベントの一環です。島根県出雲大社と三重県伊勢神宮の写真パネル展や、島根県石見神楽上演、ゆるキャライベント等開催中。

京急ニュース
http://www.keikyu-depart.com/keikyu_news/index_front.html


・ねんど人形展示:終日。観覧は無料です。

・ねんどワークショップ:11:00〜 13:30〜 15:30〜 2日間1日3回、計6回
 ワークショップ参加費用:税込1,000円(各回8名様限定)

作品見物に、粘土遊びに、どうぞいらしてくださいねー(*´∀`*)

posted by watanabe at 21:53 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年10月09日

上大岡京急百貨店にてコロチワークショップ!


10korochi600.jpg

ねんど人形の展示と、コロチのワークショップを横浜上大岡で開催させて頂ける事となりました(^ω^)

●10月13日(日)、14日(祝)
●横浜上大岡の、京急百貨店・ウイング上大岡3F連結通路にて

10日(木)〜16日(水)まで、京急百貨店で島根県と三重県の物産展がありまして、そのイベントの一環です。期間中は他にも島根県出雲大社と三重県伊勢神宮の写真パネル展や、島根県石見神楽上演、ゆるキャライベント等あります。近隣の方には、新聞折りこみチラシもご覧になって下さいね。

京急ニュース
http://www.keikyu-depart.com/keikyu_news/index_front.html


・ねんど人形展示:終日。観覧は無料です。

・ねんどワークショップ:11:00〜 13:30〜 15:30〜 2日間1日3回、計6回
 ワークショップ参加費用:税込1,000円(各回8名様限定)

作品見物に、粘土遊びに、宜しければどうぞいらしてくださいねー(*´∀`*)

posted by watanabe at 12:24 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年07月25日

ワークショップ用ねんどの素材


korochiwork1172.jpg

夏休み「出雲神話ねんど人形ワークショップ」で使用するねんど素材を紹介します。

テレビ等で話題のねんど作家、おちゃっぴ氏が開発した「クレモデル」。丸めると表面のとても綺麗な玉が出来、そこからねんどへらを使ってねんどを押してへこませたりしながら、形を作っていきます。ねんど同士がくっつくので糊等がいらず、短時間のワークショップ向きのねんどといえます。

1袋に2分の1オンス=約14グラム入っていて、今回のワークショップではコロチのアタマに「赤」「黄」「緑」の中からお好きな色を選んで作って頂けます。コロチの胴体には「青」を使います。その他に、コロチのキバや、アタマのあまった色を薄めてツノやお腹を作るために「白」を少々。また目玉用に「黒」をほんの少し使います。

※アタマのあまらせた色を、一緒に参加のお友達と少しずつ交換して、よりカラフルなコロチにアレンジも出来ますよ。

※昨2012年の「神話博しまね」で1486匹誕生したコロチは、皆さんが自由なアレンジで「炎」を吐かせたり、「翼」をつけたり、背景に「出雲の八雲」があったりと、とても楽しんでくれました。

posted by watanabe at 09:13 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年06月16日

小さいものまとめ


matome01tiisaimono06.jpg

とても久々に、まとめて写真撮影しています。まずは小さいものから。立体を作ったら、ちゃんと写真にしなければね。未撮影のものが、もうかなり溜まりました。

こんな風にアイコン的な絵にしておくと、先々色んなところで使いでがあります。ポートフォリオリーフレットの次のバージョンを作った時になど(^ω^)

posted by watanabe at 00:05 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年04月03日

ぬらりひょん


nurarihyon9017.jpg

ぬらりひょん。

家人が目を離していると、いつの間にか上がり込んでお茶を飲んでいたりする、とらえどころのない妖怪です。まあ妖怪とはおおむねそんなものですよね (^ω^)

鳥山石燕「画図百鬼夜行」より。水木しげる先生の鬼太郎ですと、敵妖怪軍団の総大将的に描かれる事もありますね。脳みそがいっぱいつまっていて頭が良さそうなイメージでしょうか。

posted by watanabe at 16:37 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年03月19日

河童


kappa8978.jpg

河童。

ひとつ前の猫又でせっかく可愛いと思ってもらえたのに、またもうこんな可愛くないものを作ってしまった (^ω^) しかも粘土ワークショップの教材用に易しいデザインを心がける、小さいものシリーズのつもりでいながら、ノッてくるとついつい複雑な形にしてしまいまして、これではとても教材には使えませんなあ・・と、分かっちゃいるけどやめられない止まらない(*´∀`)キリッ

posted by watanabe at 20:42 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年03月17日

DEBUねこまた


debuneko8954.jpg

妖怪ねこまた。

猫が20年以上生きると妖怪化し、しっぽが2つに分かれて2本足で立ち、手ぬぐいを姉さんかぶりして踊りだすといいます。こちらの猫又も、踊りたいのは山々なのですが、元がデブ猫なのでちょっと難しいようです。一応手ぬぐいを用意してはいるのですが (^ω^)

粘土ワークショップ用の、小さいものシリーズ。でもまたちょっと、作るのが難しそうなものを作ってしまいました (^ω^; 初めての方でも制作出来そうな易しいデザインのものって、やろうとするとホントに難しいのですよねー。作り方が難しいものほどこちらにとっては楽という矛盾(笑)。

一応、チャームポイントのにくきゅうなんかもついてるのですけれど、これ作るのチャレンジしてみたいと思える方って、いらっしゃいますかね・・?

posted by watanabe at 12:59 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年03月08日

大人の文化祭 ねんどライブ!


bunkasai8762.jpg

「ねんどライブ! 〜粘土でつくるキャラクター」。

明日9日(土)11:30〜 より横浜関内で開催の「大人の文化祭」では、小さなものをゆるゆると作って遊びます。御用とお急ぎでない方は、冷やかしにきて頂戴ねー (*^ω^*)

posted by watanabe at 14:16 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2013年01月16日

ウサギとタヌキ


tanukiusagi0947.jpg

日本の昔話の定番、ウサギとタヌキ。一つ前の「宇佐神宮 ヒミコ」の写真でオオクニヌシと一緒に写っているウサギと、こちらのぶんぶく茶釜タヌキも新規造型です。

今年から粘土ワークショップが本格スタートしますので、それ用にこれまで作ったキャラクターを単純にデザインし直しています (^ω^)

posted by watanabe at 00:00 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2012年05月03日

CHIBIコロチ


chibikorochi6900.jpg

CHIBIコロチ、開発中です(^ω^)

神話博しまねでのワークショップに向けて、ヤマタノコロチの制作 HOW TO 動画を作ったのですが、小学低学年くらいの子供ちゃんにはまだまだ難しそうです。

なので、デザインアレンジもさらにユルユルに、CHIBIコロチのアタマを試作してみました。ここまでゆるければ、大丈夫じゃないかなあ・・。


生まれて間もない設定なので、ツノも短くして、キバも乳歯の生え変わり時期という事にして、片方の1本だけに省略します(笑)。ケースにくっ付けるベース(地面)を、タマゴのカラの形とかにすると、難しくなってしまうでしょうかね。

大きさは、ノーマルコロチのちょうど3分の1サイズ。制作時間も、作ってみた感じではアタマの形だけのここまでなら、約2、3分でした。ノーマルコロチの時は、10分ほど。かなり短縮できます。

CHIBIコロチの方は小さいかわりに2体、または3体セットという事にすれば、ワークショップ時間内に1体しか作れなくても、残りはお家でのお楽しみ〜といった展開も考えられますね。

posted by watanabe at 21:47 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2012年05月01日

モデルマジック 基礎 赤色を作る




モデルマジック 基礎 赤色を作る

モデルマジック3原色の「マゼンタ」と「イエロー」を混ぜて、赤(レッド)を作ります。

「マゼンタ」×7
「イエロー」×1
〜の割合で、混ぜてみます。

印刷インクだと「マゼンタ」「イエロー」を1:1で混ぜますが、玩具粘土ですので同じではありません。続いて〜

「マゼンタ」×10
「イエロー」×1
〜の割合で、混ぜてみます。


動画だと色の違いが分かりにくいですが、テストして好みの色を見つけてください。

posted by watanabe at 11:41 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

2012年02月24日

モデルマジック


koroti0467b.jpg

粘土制作には、「モデルマジック」という、アメリカはクレヨンのクレヨラ社製子供用粘土を使っています。澱粉で出来ているらしく、丸めるととても綺麗な表面で、麺の様に良く伸びて、出来上がりは和菓子のように美味しそうな(笑)風味のある独特の粘土なのです。これが、日本の神話や昔話の創作人形のテイストに合うんですよね。

posted by watanabe at 01:12 | Comment(0) | ワークショップ用など2015〜

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/