2013年05月04日

ヤマタノオロチ 竜頭ヶ滝 2

ryuudu6824sin2013.jpg

出雲神話絵巻 ヤマタノオロチ

天の高い所にある国に、スサノオという泣き虫で、わんぱくな神さまがいました。スサノオの姉アマテラスは大暴れするスサノオを国から追い出してしまいました。そして、スサノオは出雲の国にある高い山に降りてきました。

そこで、泣いている年老いた父母と若い娘・クシナダヒメに出会います。なぜ泣いているのかたずねると、もうすぐ八つの頭と八つの尾を持つ大きなヤマタノオロチに食べられてしまうのだと言います。一目でクシナダヒメを好きになったスサノオは、オロチを退治することに決めました。

スサノオは強い酒を用意し、オロチを待ちます。すると、山がごうごうと鳴りそこにオロチが現れました。

酒を飲みほしたオロチは良い気持ちになり、眠り込んでしまいます。今がチャンス!

いざヤマタノオロチ退治へ!

(一畑電車出雲大社前駅で開催中の、古事記編纂1300年「神話博しまね」創作神話フィギュアジオラマ展のリーフレット「出雲神話絵巻」より転載)



竜頭ヶ滝 島根県雲南市

前回の最初の撮影ではどんよりと曇りすぎて重い光の状態でしたが、今回は直射日光がきつすぎてまたまた難しかったです(^ω^)

竜頭ヶ滝での撮影はもう一度やってみたいですね。


ryuudu6803.jpg


ryuudu6838sin2013.jpg


ryuudu6832.jpg
posted by watanabe at 19:50 | Comment(0) | 日本の神話 ヤマタノオロチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/