2013年01月14日

野津の吉四六さん

kittyomu0846.jpg

古民家にある吉四六さんと、女房のおへまさんの像。おへまさん人形は、次回の里帰りの時のお楽しみですね。



kittyomu0827.jpg

(*´∀`)<たちかわのおいちゃんー、吉四六話をしちょくれー

( "・ω・゛)<よっしゃー、しちゃぁるでー

・・という感じの出だしで、昭和50年代のたぶん中盤頃に大分ローカルだか全国だったのか分かりませんが、歌手の立川清登さんの語りで吉四六(きっちょむ)紙芝居がテレビ放映されていました。

吉四六(きっちょむ)さんとは、とんち話で知られる大分県の人物です。'75年(昭和50)に始まった「日本昔ばなし」「一休さん」による、昔話、とんち話のブームで、熊本八代の彦一さんとともに知られるようになったのだとか。

私は地元ですので、小学校の図書館にあった吉四六話等でそれ以前から吉四六さんには親しんでおりました(^ω^) そういえば小五の時分には放送委員をやっていましたので、吉四六話にあった厠(かわや)のエピソードを給食時間にわざと朗読して、女子や先生の顰蹙を買った覚えがあります(笑)。


野津町の吉四六ランドにある廣田吉右衛門さん(=吉四六さん)の自宅でありました古民家でロケ撮影しました。


kittyomu0769.jpg

いろりもあるけん、お茶でも飲みに来んかえー

・・実際には火は使われていないと思いますが(笑)、この囲炉裏端で、月に2度「吉四六さんばなし口演」が行われているようです。今度里帰りしたら、口演のある日に寄ってみようかな。


kittyomu0813.jpg

私の地元九州大分では、マンガ家富永一郎氏の描かれた吉四六さんのイラスト入りのお漬物「吉四六漬」や、吉四六銘柄の焼酎などがあり、親しまれているキャラクターなのです。


kittyomu0757.jpg

野津町の、多目的グラウンドやテニスコート、野外ステージなどがある広い吉四六ランドの奥にちょこんとある、廣田吉右衛門さん(=吉四六さん)の自宅でした古民家。

吉四六ランドは2000本の桜が咲く桜の名所です。また桜の写真撮影にいきたいな。


kittyomu0840.jpg

また寄っちょくれー
posted by watanabe at 22:58 | Comment(0) | 吉四六さん 大分臼杵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/