2012年11月30日

天狗 紅葉の大雄山最乗寺 1/3

tengu0457.jpg

神奈川県南足柄市にある、大雄山最乗寺。

応永元年(1394)に曹洞宗の僧了庵慧明が開創した最乗寺は、慧明の弟子であった五百人力の怪力道了が天狗となって寺を守ったという言い伝えから、道了尊と称され、最乗寺の守護神として祀られています。

道了尊は、南足柄市の紅葉スポットとしても知られています。



tengu0271.jpg

今回の新作、カラス天狗です。
posted by watanabe at 17:36 | Comment(0) | 南足柄 大雄山の天狗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/