2012年07月29日

神話博しまね 開幕の朝

kaimaku7321.jpg

古事記編纂1300年「神話博しまね」、開幕よりもう1週間が過ぎました。2度目の日曜日、様子はどうだったのか、離れていると気になってしまいますね (*´ェ`*)

こちらは、先週の開幕の模様。八雲立つ、出雲の空。7月21日(土)「神話博しまね」開幕の朝の空です。



kaimaku7320.jpg

うわっ、目立っている(*^q^*)

今回、創作神話人形達が本当に目立ちまくっていて、良いのでしょうか(^ω^)


kaimaku7335b.jpg

神話博特設会場ステージでは、島根県知事さんと、歌手の谷村新司さんのトークショーが行われています。


kaimaku7328c.jpg

特設会場ステージ裏、こちらは「おもてなし広場」。ここで神話人形写真を飾って頂いています。

子供ちゃん達に、日本の神話に親しんで欲しい・・創作神話人形にはそんな気持ちが込められていますので、子供たちの動向が気になります。神話人形写真に、目を留めてくれるでしょうか。

今のところ目線は広場奥の、しまねっこふわふわ滑り台へ一直線ですね(*^q^*)


kaimaku7341.jpg

暑さで早くもスタミナが切れました(´・ω・; 一応日陰ではありますが、アスファルトの上に胡坐をかいてへたり込み一休み。

出雲という名の通り、刻々と姿を変える島根の空を見ていました。


kaimaku7344.jpg

谷村新司さんの歌が始まりました。さすがに脚立を持ってはいないので、両手を挙げてのノー・ファインダー撮影です。歌は、今回神話博しまねのために作曲された公式ソング「はじまりの物語」。

歌詞に「見知らぬ人なのに 声かけて すれ違う」とありますが、本当にその通りで、5月に人形の撮影で島根の雲南市に泊っていた時、すれ違った自転車の高校生からほがらかに挨拶をされ、感心しました。

ステージ下に、しまねっことせんとくんもいますね・・。


kaimaku7357b.jpg

谷村新司さんのステージが終わってまた広場へ・・

あっ、ついに! 指差している・・!

子供ちゃんキターーーーーー!!

子供の心に神話を刻む・・という目論見、まずは成功しました(*´∀`)キリッ 第1号のボクちん、どうもありがとう〜。


kaimaku7359.jpg

特設会場ステージ裏、おもてなし広場の丸いベンチは、3本の柱を束ねて1本にして建築されていたという、古代出雲大社高さ48メートルの大本殿の柱を模したものです。

特設会場では谷村新司さんの歌に続いて島根っこステージがが行われていて、こちらはまだ人もまばらです。

順番は前後しましたが、この後、先日掲載しました「せんとくん事件(笑)」が起こりました(^q^)

せんとくん事件
posted by watanabe at 22:21 | Comment(0) | 古事記編纂1300年 神話博しまね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/