2012年04月30日

モデルマジック 基礎 グレーを作る



モデルマジック粘土の3原色〜
「シアン」
「マゼンタ」
「イエロー」
〜を混ぜて、グレーを作ります。

「シアン」  2
「マゼンタ」 1
「イエロー」 2
〜の割合で混ぜると、青系のグレーが出来ます。



創作人形の制作に、モデルマジックというアメリカの子供用ふわふわ粘土を使用しています。自然素材のデンプンで出来ている粘土らしく、出来上がりの和菓子風味な質感が日本の昔話の創作人形のテイストに非常によく合うのですよね。

ただこの粘土、日本での販売がされておらず、「セカイモン」などの海外オークション日本語サービスで細々と購入しています。その場合に一番安く買い物出来るのが、基本3原色の「シアン」「マゼンタ」「イエロー」そして「ホワイト」の各8オンスパックが入った、2ポンドバケツパックです。届くまでに日にちと輸送料がかかりますが、それでも日本で販売の色んな粘土と比べても比較的安く手に入れられますよ。


3原色の「シアン」「マゼンタ」「イエロー」というと、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、プリンタ用のインクを見るとよく使われていますね。印刷会社のカラー印刷が、この3原色に黒を加えた4色印刷となっています。

光の3原色RGB=「レッド」「グリーン」「ブルー(正確にはブルーバイオレット)」の補色(反対の色)がこの印刷の方の3原色で、「シアン」と「マゼンタ」を混ぜて「ブルーバイオレット」、「マゼンタ」と「イエロー」を混ぜて「レッド」、「イエロー」と「シアン」を混ぜて「グリーン」等、3原色を混ぜ合わせて様々な色を作っていきます。


今回は、まずはグレーを作ってみました。モデルマジックの「黒」が気軽に手に入れられないので(笑)、とりあえずの黒の代用に使ったりします。
posted by watanabe at 00:12 | Comment(0) | ねんどのテストや HOW TOなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/