2012年02月17日

旅やぎ

tabiyagi0516c.jpg

桜前線を追いかけて、日本列島を北上する俳人(俳山羊?)「旅やぎ」。

キャラクターデザイン等制作会社 QUACKARTSのオリジナルキャラクターです。

http://quackarts.com/

※今回は QUACKARTS様より人形制作のご依頼を頂戴しました。サイトでの写真紹介の許可と合わせ、QUACKARTS様ありがとうございました。



tabiyagi0524c.jpg

粘土はいつもの創作人形と同じく、モデルマジックを使用しています。自分のキャラクターを作る際には、粘土の都合というか特性に合わせてデザインをコロコロ変えるなど、かなりいい加減なものなのですが(笑)、既に完成されたキャラクターデザインのものを手に触れられる形にするにはそれなりに難度も高く、制作行為の醍醐味である創意工夫を楽しめました。

子供用軽量ふわふわ粘土のモデルマジックでは、さすがにこの足の太さで人形を支えるのは無理なので、足部分はエポキシパテでベースを制作。ラッカーパテでベース表面をざらつかせ、絵の具を塗ってモデルマジックの質感に近づけています。それなりにサマになったかな(^ω^)

tabi3bc.jpg

あご髭の先端に付着した墨汁から、顔全体が一本の「筆」に見えるのが特徴の「旅やぎ」。


tabi3ac.jpg

自立できるよう、こっそり目立たないように透明アクリル棒のしっぽをつけています(笑)。


odango4387.jpg

お茶とお団子も付属。
posted by watanabe at 13:03 | Comment(0) | お仕事制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/