2018年10月15日

「Design Cafe 4」大好評で終了

nanakoy.jpg

大分県デザイン協会と、県内外商業クリエイターが日ごろの仕事の成果を持ち寄った、県下最大級のデザインイベント「Design Cafe 4」が、大好評で終了しました。

2年前に大分に帰ってきて、私もふる里で初出展です。関東や山陰でのいくつかの展示経験をふまえて、そこそこきれいに展示できたでしょうか(写真は、臼杵の美術の先生・山岡奈々子ちゃんが写してくれました)\(^ω^)/

今回、隅っこにおいてある人形ケース(?)、これを見つけたのはラッキーでした。ブリキかトタンみたいなのでできていて、サイドと後ろは金網張り。ガラスは前扉だけなので、多少乱暴にあつかっても破損の心配がありません。木製品と比べて一人で持ち運べる重さなのもよかった。


さて昨日の最終日は、午後から会場2階でねんどのワークショップでした。前々日までの予約は8名と聞いていたので、ちょっと気合を入れようと土日でビラを配りまくったら、なんと定員20名のところを27名のお客様がいらして、材料は足りるのかと一瞬青ざめました。

前日の「宗麟公祭り」の前宣伝を自分でこなせていなかったので、その分の余りがちょうど人数分あり、お陰で事なきを得ました。最近、何をやっても偶然に助けられてます(^q^●) ちなみに宗麟公祭りの方は、OPAMでのビラをご覧になって何組か遊びに来てくれました。

今回の展示会の全体テーマは「出会い」でした。私は「子供に夢を」伝えられる仕事を、続けていきたいのです。そんな可能性が広がっていけそうな出会いも、お陰様でありました。いくつか。

会場に足を運んでくださった皆さま、どうもありがとうございました。またお会いしたいです。

【大分県デザイン協会の最新記事】
posted by watanabe at 18:44 | Comment(0) | 大分県デザイン協会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/