2018年05月12日

ぼくらマガジン 1970年10号「円谷監督 世界の怪獣王」

bkmg8700fb.jpg

週刊「ぼくらマガジン」1970年の10号。ずっと求めていた本が、手に入りました。

ぼくらマガジンは、'69年11月の創刊から'71年6月の廃刊まで購読していました。現在の家に引っ越しの時に、「少年画報」「少年キング」「ぼくら」「冒険王」などと手放すことになってしまったのですが、ぼくらマガジンだけは今でも残念。

>「円谷監督 世界の怪獣王」

・・中でも、この1970年の10号には特別な記事がありまして。



bkmg8713fb.jpg

この年の1月25日に亡くなられた、円谷英二監督の追悼特集でした。私は小学2年生、8歳でした。


bkmg8716fb.jpg


bkmg8718fb.jpg


bkmg8720fb.jpg


bkmg8721bfb.jpg

>「子どもにゆめを」

追悼の記事は全部で15ページ。その中で、ずっと心に留まることとなった円谷監督のエピソードが書かれていました。

>円谷監督は、子どもが大好きだった。スキーぼうやのサインは、子どもたちのために考えたものだ。だから、おとなの人にするサインには、「子どもにゆめを」とかいた。

8歳の私はこれを読んで、この時、自分も、将来子供に夢を与える仕事をするのだ、と決めたんです。


3月の東京出張での作品展示場での事。拙作「ヤマタノオロチ」の前で、1時間ほどもずっとへばりついて見てくれていた子がいました。あの男の子は、50年近く前の、はたして私の様だっただろうか・・?

そうして、この「ぼくらマガジン」を、もう一度手にしようと思ったのです。円谷監督に報告がしたいと思ったんです。


bkmg8729fb.jpg


bkmg8743fb.jpg

posted by watanabe at 20:17 | Comment(0) | 更新雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/