2018年03月28日

臼杵 丹生島城の桜と大友宗麟

otomousuki2347fb03.jpg

大友宗麟公の居城、臼杵 丹生島城にて。

九州の隣県や何故か関東と比べても遅咲きの、大分の桜もこのところの好天でそろそろ見頃となりました。本日は休務日と桜のタイミングがうまく合ったので、宗麟公のねんど人形を持って臼杵へ。誰かと会いそうだなと思っていたら、15年ぶりのカメラマンの先輩お2人が同じ時間に同じ場所に現れました。ネイチャーカメラマンの行動パターンは大体似たようなものなのです(^ω^)

posted by watanabe at 23:17 | Comment(0) | 大友宗麟、立花道雪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/