2017年08月04日

「早吸日目神社 宝剣タコ」ねんどワークショップ

6973fb.jpg

6970fb.jpg

8月19日(土)の「開校! 大志生木子供アート学校」での「早吸日目神社 宝剣タコ」ねんどワークショップに先駆け、昨日3日の木曜日は公民館で同じく「宝剣タコ」のワークショップを開かせていただきました。

ちょっとタコのボディの作り方が難しすぎたかもしれなくて、かなり大変なことになりかけたのですが、終わってみれば子供ちゃんたちのこの笑顔。写真を見返しても楽しくて、笑いがこぼれてしまいますね。

昨日の子供ちゃんたちは19名。ラストの10分位で公民館の職員さんが駆けつけてくださり、何とか無事に終わったものの、19日の子供アート学校ではもっと人数が増える可能性もなくはなく、タコのボディの作り方を至急易しいものに改良しなければなりません・・。

ということで、本日職員さんと相談し、私とは違う作り方をしていた職員さんの実例をじっくりと研究しました。ねんどの場合、ほんのちょっと工夫をして複雑な形にデザインすると、難度が一気に跳ね上がります。私1人がすいすい作れても、肝心の子供ちゃんたちが真似できなければ失格ですからね。

というわけで、見た目は少しだけ単純になり、時間を20分は短縮できる方法を無事に編み出しました。さて、次は19日の旧大志生木小学校。大分市では、昨年廃校となったこの学校校舎を今後アート施設として活かしたい意向があり、その最初のテストイベントが「開校! 大志生木子供アート学校」なのです。楽しみだなー。



6980fb.jpg


6976fb.jpg


6968fb.jpg


6958fb.jpg


6963fb.jpg

大分合同新聞さんの取材もありました(●´∀`●)


6972fb.jpg

みんなの作品を写真に撮ろうとしたら妨害をしてくる良い子たち(^ω^)



posted by watanabe at 20:46 | Comment(0) | ワークショップin豊後大分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/