2016年02月03日

ねんどの素材解説(6)色の管理

lavender9703bl.jpg

ねんどの素材解説(6)。色の管理です。

解説(5)で使用の、「さるかに合戦 臼」の腕の色は、モノクロ調のトーンにしたいが全くのグレーだと物足りない〜時に作り出した、お気に入りの色です。クマやカラス(ヤタガラス)にも使える、くすんだラベンダーぽい色。

以前の愛用ねんど「モデルマジック」には、印刷インクに使われる色の三原色CMY(シアン、マゼンタ、イエロー)に相当すると思われるカラーねんどがあったので、それらを掛け合わせて色を調合し、お気に入りの色が作れたらデータを記録していました。当てずっぽうだと同じ色味がもう一度出せませんからね。

ねんどの種類を樹脂粘土に置き換えるにあたって、さあ困った、せっかくの色データを最初から作り直しです。樹脂粘土にはアクリル絵の具を混ぜて色を作るのが通常らしいですが、ワークショップで子供ちゃんらにねんど遊びをしてもらう事を考えると、それをしたくありません。出来ればねんどの色だけで済ませたいところです。

グレイスカラーの新色にあった「ラベンダー」を試したいと思っても、去年の秋口から探しているのにお目にかかりません(ネット通販にも)。

メーカー各社の色チューニングは独自に違うので、あれこれ試行錯誤するうちに「モデナカラー」の青赤黄色が、何となくCMYに近いと思えます。さっそくクマなどでテストするとほぼモデルマジック時代の色が出せました。良かった。かれこれ1年も、色の調合はずっと懸案でしたが、これで過去データがある程度応用出来ます。

と思ったら、クマや臼が出来上がった後に、なんと3年程前に購入してしまい込んでいたパジコのカラースケールに、モデナカラーのチャートが付いているのが今更分かりました。カラーを作る、強い味方です。もっと早く気づけよと(笑)。

また、昨日買い物に出たら、グレイスカラーのラベンダー色にも半年ぶりでやっと巡り会いました。今度、こちらも試してみましょう。この色んなタイミングは、各社樹脂粘土でのカラー調合の案配に、自分の力で気づく時期だったのかも知れませんね。

posted by watanabe at 08:26 | Comment(0) | ねんどのテストや HOW TOなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/