2015年04月02日

ふるさとの民話地図

tosho7253.jpg

図書館に立ち寄った時はいつも、子供本のフロアーに直行します。
そういえば、神奈川の昔話関連の書籍はないかと探してみたら、さすがに地元らしく中央の特設コーナーに書棚2つ分、何十冊も、どっさりとありました。

好みに合いそうな1冊を選んで手に取ってみると、イラスト図解の「民話地図」が載っていて、一発でアタリでした。ねんど人形写真にとってはとても有り難い資料です。またしかも、この親しみ易い見覚えある絵柄は「まんが日本昔ばなし」の絵師さんなのでしょうかね(^ω^)

偕成社の「ふるさとの民話」。同シリーズの神奈川以外、大分のものなどもないか、図書館職員さんにお尋ねすると、奥の倉庫から出してきて下さいました。2冊を借りて帰りました。



kanagawachizu.jpg

神奈川県のイラスト民話地図。

「ふるさとの民話」。民話地図の他に各民話の背景や解説もあり、役立ちました。子供本の方が分かり易くて好みです(^ω^)


ooitachizu.jpg

こちらは大分県のイラスト民話地図。


4月29日(水)追記です。

miyazakiminwa.jpg

宮崎の民話地図。高千穂神話もそろそろ本格的にねんど人形写真にしたいです。神話以外ですと、数年前に民謡の「ひえつき節」に感動しましたが、その元となった「椎葉山ものがたり」も、しみじみとしますね。


kumamotominwa.jpg

熊本の民話地図。熊本は学生時代を過ごした、第二の故郷です。「猫岳の猫」のお話は「まんが日本昔ばなし」で観て、登場人物が水木しげる先生のサラリーマン山田に似ているのがウケました。桃屋のごはんですよもこんなでしたっけ。次に九州に帰る時は、化け猫を作って阿蘇まで撮影にいこうかな。
posted by watanabe at 13:22 | Comment(0) | 更新雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/