2016年01月31日

天孫ニニギノミコトと、花と美の女神コノハナサクヤヒメ


ninigisakuyahime9623dbl.jpg

天孫ニニギノミコト、花と美の女神コノハナサクヤヒメ。

1月も最終日。時間が経つのは早いですね。元旦に完成のニニギノミコトとコノハナサクヤヒメを、まだちゃんと撮影していなかったので、ちょっと写真館ポートレート風の絵にしてみました。

posted by watanabe at 10:42 | Comment(0) | 富士山とコノハナサクヤヒメ

2016年01月28日

ねんどの素材解説(5)


sarukani9615bl.jpg

ウッス!! オラ、臼!

ねんどの素材解説、新たに(5)。解説(4)で少し触れました「ニューパンド」と、新しく「木紛粘土」です。

「木紛粘土」

愛用ねんど「モデルマジック」に変わるねんど素材を探していて、前回までの解説一区切り(1)〜(4)の各種樹脂粘土で、自分の作風に最も合った性能のねんどを見つけました。以前に作った作品を徐々に樹脂粘土に置き換えて制作しています。今回「さるかに合戦」の「臼」を作る際、樹脂粘土のプラスチック感が目立ち、モデルマジックにあった素朴な風味が得られません。

そこで、元々が木製の臼を作るのなら、本物の木を混ぜたらどうかと100均ショップダイソーの「木紛ねんど」を樹脂粘土に混ぜたところ、期待以上の効果が得られました。形の作り方によっては、木彫り人形のようにも見せられるかも。楽しそう。

様々な場面での応用も出来そうです。樹脂粘土よりも量がたっぷりなので、地面のベースにも使用してみました。あまり広い背景の場合、混ぜる樹脂粘土が勿体ないですから、混ぜるための素材も探してみましょうか。混ぜなくても良い位に、単体でも使い勝手の良い粘土ではありますが、作風的に「白色」で薄めたいところです。

木紛粘土はこの臼の色のダイソー「木紛ねんど」と、セリアの「木かるねんど」があり、セリアの方は木の皮の色に近い茶色(※)ですから、そこは使い分けが出来そうです。

※2つ前の記事「花咲か爺さん」の、桜の木の幹に、テストで薄めて混ぜています。
http://nendoillust.sblo.jp/article/172669589.html

posted by watanabe at 12:36 | Comment(0) | ねんどのテストや HOW TOなど

2016年01月26日

かちかち山 ワークショップ教材


kachikachi9574bl.jpg

かちかち、かちかち・・
ぼうぼう、ぼうぼう・・

うさぎさん、このかちかちと聞こえる音は、何の音・・?
たぬきさん、それはね、かちかち山のかちかち鳥が鳴いているのよ

うさぎさん、うさぎさん、ではこのぼうぼうと聞こえる音は何の音・・?
たぬきさん、たぬきさん、それはね、ぼうぼう山の、ぼうぼう鳥が鳴いているのよ

posted by watanabe at 03:01 | Comment(0) | ワークショップ2016

2016年01月24日

花咲か爺さん ワークショップ教材


hanasaka9452bl.jpg

夏頃より、カルチャースクールでのワークショップが開催となります(詳細はまた追って、お知らせいたします)。

ただ今、ワークショップ教材用ねんど人形をせっせと作っています。お陰様で、楽しい事になりそうですね。さて、課題がひとつ。昨年まで何度か務めさせて頂きましたお教室では、初めての方でも1時間前後で作れるタイプのミニねんど人形を作りました。今度のカルチャースクールでは、1コマを90分〜120分とし隔週で月に2回、3ヶ月で全6回という、なかなかに本格派な内容となります。

私のねんど人形のテーマは「日本の昔ばなし」でこれまでと変わりありませんが、6回のカリキュラムの内容をどうしようかな。あれこれと企んでいます。

posted by watanabe at 21:01 | Comment(0) | ワークショップ2016

2016年01月12日

ねんどと写真の講座 Vol.3


atsugi01.jpg

東京工芸大学厚木キャンパスにて、ねんど制作と写真撮影技法の臨時講師を勤めさせて頂きました。今回で3度目。お陰様でご贔屓にして下さって、光栄です。有難い事ですね。

真面目に講義していましたら、授業風景の写真を撮り忘れていて(それが当たり前ですよね 笑)、研究室教授よりパノラマ写真を分けて頂きました。講座の前半はねんどで作品制作、写真のこちらは後半「家庭用の蛍光灯を2灯使って、自作品を奇麗に撮影しよう」を解説しています。序盤は聞き慣れない専門用語がいくつも出てくるので、初心の人には少し入り辛いかも。でも実際に照明機材を動かしながら、光と影の変化を「体験」した事は、ちゃんと残りますよね。

posted by watanabe at 19:57 | Comment(0) | 大学 ねんどと写真講座

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/