2015年01月18日

樹脂粘土でニンジャ


ninja401b.jpg

樹脂粘土で、ニンジャを作ってみました。

2015年01月14日

沖縄のパーントゥ


panto3b.jpg

沖縄は宮古島の、悪霊払い(厄払い)の伝統行事パーントゥ。

私の地元大分県をはじめ、お神楽など百件近くの伝統行事を写真撮影しましたが、このパーントゥはいつかカメラを持って訪ねたい行事です。

火祭りや水かけ祭りの場合、火の粉を浴びたり水をかけられたりすると厄払いとなり、その1年間は無病息災であるとされますが、パーントゥでは泥を塗りたくられます。なかなかスリリングです(笑)。火や水はもう何度も浴びて、数年分は無病息災になっている筈ですが、泥は未経験です。体験したいなあ。

2015年01月09日

妖怪 油すまし


aburas401b.jpg

油すまし。昭和特撮映画の「妖怪百物語('68)」「妖怪大戦争('68)」では、日本妖怪の総大将的存在でした。

熊本の天草地方に「油すましどんの墓」という伝承地があるそうです。一度、妖怪ねんど人形を持ってロケ撮影に行ってみたいところですが、このスタイルの油すましは水木しげる先生のオリジナルデザインなので、本格的に作品にするのはNGですね(伝承の油すましのビジュアルなどはない様です)。こんな風に、気軽に作ってみた! 程度ならギリギリお目こぼしでしょうか・・。

油すまし、少年キングで集中連載された水木しげる先生の「妖怪百物語」で読んで以来、大好きなのです。映画の方の「妖怪百物語('68)」の併映はちなみに「ガメラ対バイラス('68)」で、子供時代に観た最初の怪獣&妖怪映画が、この組み合わせでした。

2015年01月07日

樹脂粘土の精霊〜妖怪4種


jushi401b.jpg

沖縄のパーントゥ(左上

カッパ(右上

からかさお化け(左下

ヤマタノコロチ(右下

樹脂粘土、面白いです。各社からいくつかの種類の樹脂粘土が販売されていますが、100均の樹脂粘土のみ他と比べてねんどの「粘り」と「戻り」が格段に強く(今のところモデナ、ハイクレイ、手工芸用軽量粘土を試しました)、「粘り」「戻り」を活かした柔らかでなめらかな造型が出来ました。「粘り」よりもねんどの「伸び」を優先したい時は、他社の粘土と混ぜたりして自分好みのハンドリングとなる様に調整します。

posted by watanabe at 22:06 | Comment(0) | ねんどのテストや HOW TOなど

■「神話博しまね」

2012年7月21日(土)〜11月11日(日)

・創作人形写真、及びジオラマ展示
・粘土ワークショップ開催

2012年は、古事記編纂千三百年の年。古事記千三百年を記念する「神話博しまね」イベントのひとつとして、渡邊和己の神話モチーフの創作人形写真の展示、神話創作人形ジオラマの展示、また、粘土作品制作のワークショップを開催させて頂きました。

神話博しまね公式ウェブサイト
http://www.shinwahaku.jp/

神話フィギュアジオラマ展 出雲神話絵巻 お知らせページ
http://www.shinwahaku.jp/main-stage/taisha/